繁體中文 簡体中文 English 日本語
営業担当者:Shelly Lee/内線番号:33168/メール:c01184@mail.csc.com.tw
棒鋼線材
    Available SPEC and Sizes Please Click Here!


棒鋼と線材製品はビリットが加熱された後に圧延したもので、外形から丸棒鋼とワイヤロッドに区分されています。丸棒鋼のサイズは14-100mmで、ワイヤロッド14-55mmの棒鋼コイルと5.5-13mmの線材コイルを含まれ、製品の応用範囲はきわめて広くナット、ハンドツール、溶接棒、自転車/自動車・バイクの部品、ワイヤロープ、スプリングなどの素材として使用されています。

CSCの棒鋼線材製品には成分と加工の形態によって、四大種類に軟鋼、硬鋼、冷間圧造用炭素鋼、冷間圧造用合金鋼に区分されています。まだは各種類には加工の用途により、一般構造用、みがき棒鋼構造用、冷間圧造用、熱間鍛造用、硬鋼ワイヤ、および低炭素ばね用鋼などです。

川下加工業者のオートメーション化の生産および製品のレベルを高めるため、CSCも直接冷間製造適用の焼鈍棒鋼と線材コイルが提供しています、
主要な鋼種は:

1.SCM435自動車ボルト鋼,
2.50BV30
ハンドツール用鋼,
3.S2
エアーツール・ビット用鋼,
4.36CrNiMo4
エアーツール・スケート用鋼
5.SNCM439
冷間鍛造鑿用鋼など。

その他にもCSCで独自開発したCH1A CH1T極低炭素冷間圧造用鋼では、冷間圧造性と深絞り性はきわめて良好で、リベットとスピーカーT型ハーネスの加工に適します。

AISI1018AK鋼は内部の清浄度が良く、冷間圧造も良好で、NLP33Kには無鉛パテンティング熱処理鋼で圧延性と焼入れ強度が優れています。両方は共にタッピングネジと雨傘の世界王国を創り上げてきました。

まだ、NLP77NLP82Bは無鉛パテンティング熱処理の絞りワイヤ用で、AWS-EM12KEH14鉄骨構造の自動潜伏溶接棒用材で、およびSXXC S1は硫黄快削鋼などを続々と開発に成功しました。台湾の川下鉄鋼業界には原料の需要供給と産業革新の促進を大いに貢献しています。